忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12





「天照・月の虹赤兵衛TB-16A×セルフ」のパイロット花。
純白紅斑紋の月赤タイプが狙いですが、けっこう月赤芸が出ています。写真はありませんが、全部で4本開花して1本が純白紅斑紋、残りが酔白系の紅斑紋です。確率通りとなりました。

理想はワイドタイプの月赤系純白紅斑紋です。それが出てももう少し改良が必要となりますので、純白歌姫紅斑紋の「阿吽」とでも交配しましょうかね。
なぜか酔白系でも花粉は白いようですが…??どうして??
PR



見た目には白にしか見えませんが、一応、大魔王紅斑紋になった白花です。よくよく見ると大魔王斑紋のところがオフホワイトのように色が違ってます。写真だとまったくわかりませんが…

交配内容は「一点花×白花」で咲いた並花をセルフし、ハート点状に色の変化のある白花(一点白花)が出ました。その花と電光石火を交配すると、その交配はすべて一点系となり、それをまたセルフ、シブリングしたものがこの写真の花となります。

まぁ、だからどうしたという感じの自己満足な花ですけどね…
あとは月赤系の濃色タイプと交配してそれを戻し交配するぐらいかな。そうすればもう少しオフホワイト紅点形状がハッキリするかも??





鈴姫系の斑紋花から極端に芸の悪い斑紋花の中に中抜けになるタイプのものがいくつかありました。今の時点ではただの斑紋花ですが、こういった花を交配すると絣紋みたいな斑紋になるかもしれません。絣紋風な花を作ってもそんなに意味のないことかもしれませんけどね…

上から2番めの花のような糸状斑紋の発展形もいくつは見込めそうなので、それも狙いの一つ。まぁこれも需要がなくて自己満足に終わるかもですが…

こういった仕事抜きの遊び交配はやってて面白いです(о´∀`о)


棚に上げても光っています
 
交配はP1飛天赤福・赤福P1飛天の母体に濃色ピンク
を掛けたもの、ある程度のピンク濃色は出ましたが
1本だけ目立った存在で光っていました。今年の初花ピンク交配は
新宮店6種類と磐田店5種類の11種開花しましたがこれはピカ1です

↑↑↑↑ 純白韋駄天獅子(学宝系)↑↑↑↑


↑↑↑↑ 見た目が白韋駄天獅子(ピンク系) ↑↑↑↑

一見両方とも白韋駄天獅子ですが、上は学宝交配からの完全純白系の白韋駄天獅子、下はピンク韋駄天獅子を作出しするための副産物で出てきた見た目が白韋駄天獅子。要するにピンク無点韋駄天獅子となります。ピンクは基本的に地色が白く、花粉塊も黄色、子房と軸に色味がないので、ピンク無点になると見た目は白に見えます。白韋駄天獅子とピンク系白韋駄天獅子を並べても人間の目には見分けがつきません。花形はピンク系韋駄天獅子のほうがいいですけどね。

純白韋駄天獅子は半トレーの戻し交配でたったの1本、ピンク系白韋駄天獅子も2トレーの戻し交配でたったの3本…本当に効率の悪い花です。韋駄天タイプなのか、ただの細弁なのか微妙な個体はいくつかありますけどねぇ。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]