忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8


「大蛇(おろち)」のセルフです。セルフなので、いろいろなタイプが咲くんじゃないでしょうか。ベタ系から紅点が「大蛇」以上に散った花、まぁ普通の紅斑紋や一点系も咲くんじゃないでしょうか?ここまで点が散っていると、「鳴神」交配のように斑紋系も咲いてしまうのかもしれません。

他の「大魔王月赤系」の交配より値段を抑えて特別価格にしてますが、売れ過ぎちゃうと来年のポットリストからは外れちゃうか、値段が上がっちゃうかも??
PR



この交配はけっこう面白いとおもうんですよね。ハマるといままでにないようないい花がたくさん咲きそう。

交配のイメージ的には「大魔王×月赤系」って感じでしょうか。その半分は純白一点系になる計算です。うまく月赤芸と純白一点芸が合わさった花が咲いてくれると完全白地のいい花が咲くんじゃないかなぁ?最新花を求めるならこういう交配をゲットしないとね~~







まぁ、参考程度にしかなりませんが、今年ビン出しで咲いた「鳴神」交配です。
交配データ「鳴神×電光石火・月赤TB-16A」
2ポットしかないので、カタログには載せませんでしたが、けっこういい感じの花になってると思います。ビン出し即なので欠損や開ききらない現象が起こってますが、まぁ、問題ないでしょう。なぜか斑紋系になってたりしてますが…
紅点が散りすぎて斑紋になったものなのか?はたまた先祖返りしちゃってるのか?
以前も先祖返りして斑紋系になったこともあったよね。毎年カタログを熟読してる方はご存知かもしれませんが、「寿瀞sH3D鈴姫-0A」って斑紋系に戻っちゃったんですよね~

あ、こんな花ばかり咲くわけではなく、もちろん「鳴神」交配でもくさった花は咲きます…(;´∀`)



今年のボトルのラインナップはけっこう「大魔王系×月赤系」の交配が多いです。けっこう交配をしたのもありますが、なんせ発芽率が良くないのと多品種小ロットのため移植するビンに限りがあります。それぞれの交配に限定数があるものが多くなってますので、種類をたくさん載せています。好きなものを選んでいただけると良いかと。

ちなみにこの交配は限定数が「3」です。


昨日紹介した交配と似たようなタイプの交配です。こちらも母体には肩張りのワイドタイプの花を使っているので、かなり期待できそうな感じです。
「鳴神」の交配内容も「大魔王系D×月赤C」ですが、「大魔王系D×月赤C」という交配は中抜けがあまりなく紅点の周辺部分が散る花が多く、「電光石火×月赤TB」は「大蛇」のように紅点が斑紋上に散る花がけっこう出ました。それぞれの親の交配に使った「月赤」の影響ではなく、大魔王系の方の影響でしょう。「電光石火」は大魔王系の中でも紅点がけっこう散る傾向にあるからです。その違いがこうやって子供にも現れています。基本的に芸の遺伝は隔世遺伝なので、この交配でそれが如実に現れてくるんじゃないでしょうか。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]