忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8



交配データ「G火歌寿瀞sH3D鈴(TG)×雷轟」
斑紋花と一点系の両方咲く交配ですが、特に斑紋花が良かったです。数の少ない交配でしたが、ほとんどすべて選別できるぐらいのアタリ交配でしたね。一点系になるとほとんどベタ系になったように記憶してます。(一点系は一応選別はしましたが、交配に使ってないのであまり記憶にありません…(;´∀`))
親に使った「G火歌寿瀞sH3D鈴(TG)」が受け咲き個体なので、その性質もちゃんと受け継がれてます。真っ平らの舌が理想ですが、反るより良いよね。

斑紋系と紅斑紋の中間個体である斑紋一点系狙いだったのですが、斑紋花と一点系にパックリ別れてしまいました。そううまくは行かないものです。

斑紋一点系は一点系から引っ張ってこないとやはりダメなのかもしれません。月赤系やひとやすみ系からなら斑紋一点系は引っ張れそうです。
PR


瓶出しの最新交配花です。「三尺玉・蟻千系玄初玄夢(A)×電石月赤TB(ハ)」
三尺玉系の紅斑紋と月赤の両方の特徴が出ています。作り込めばかなり良くなるでしょう。ワイドタイプの花形も良いです。

紅点内部の薄いシミのような抜けはどうなるかわかりませんが、白くゴマのように抜けるとけっこうキレイかもしれませんし、そうなれば今までにない芸となるでしょう。





「天照・月の虹赤兵衛TB-16A×セルフ」のパイロット花。
純白紅斑紋の月赤タイプが狙いですが、けっこう月赤芸が出ています。写真はありませんが、全部で4本開花して1本が純白紅斑紋、残りが酔白系の紅斑紋です。確率通りとなりました。

理想はワイドタイプの月赤系純白紅斑紋です。それが出てももう少し改良が必要となりますので、純白歌姫紅斑紋の「阿吽」とでも交配しましょうかね。
なぜか酔白系でも花粉は白いようですが…??どうして??



見た目には白にしか見えませんが、一応、大魔王紅斑紋になった白花です。よくよく見ると大魔王斑紋のところがオフホワイトのように色が違ってます。写真だとまったくわかりませんが…

交配内容は「一点花×白花」で咲いた並花をセルフし、ハート点状に色の変化のある白花(一点白花)が出ました。その花と電光石火を交配すると、その交配はすべて一点系となり、それをまたセルフ、シブリングしたものがこの写真の花となります。

まぁ、だからどうしたという感じの自己満足な花ですけどね…
あとは月赤系の濃色タイプと交配してそれを戻し交配するぐらいかな。そうすればもう少しオフホワイト紅点形状がハッキリするかも??





鈴姫系の斑紋花から極端に芸の悪い斑紋花の中に中抜けになるタイプのものがいくつかありました。今の時点ではただの斑紋花ですが、こういった花を交配すると絣紋みたいな斑紋になるかもしれません。絣紋風な花を作ってもそんなに意味のないことかもしれませんけどね…

上から2番めの花のような糸状斑紋の発展形もいくつは見込めそうなので、それも狙いの一つ。まぁこれも需要がなくて自己満足に終わるかもですが…

こういった仕事抜きの遊び交配はやってて面白いです(о´∀`о)
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]