忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


それぞれ片親に紅斑紋が入った斑紋花の交配です。母体は鈴姫系、花粉親は大仁王系と寿光系のハイブリッドな感じです。
通常なら1/4が紅斑紋、3/4が斑紋花って感じですか、この交配はよくわかりません。母体の鈴姫系斑紋花の方がどう作用するか…?
もともと斑紋花狙いの交配ですし、うまく行けば斑紋一点系が出ればな~と交配したものなので。以前は紅斑紋一辺倒な人気でしたが、近頃は斑紋花のいい花がけっこう人気です。斑紋が線状に繋がったような花が特に人気ですね。この交配でもけっこう出るんじゃないかと期待してます。

昨日、カタログの送付が完了しました。遅くてもこの連休明けに届くのではと思います。消費増税前に送付ができましたので、9月中にご注文いただいたものは消費増税8%で対応させていただきます。
PR


多くは寿光タイプの白紫点になると思います。「阿吽」に大仁王系の血も含まれますので、大仁王と寿光の中間タイプの白紫点も出るかも。
まず交配の個本方針は「軸がしっかりして、点の荒い大輪白紫点」です。系統の違う親を使うことで丈夫にすることが第一目標ですが、軸のしっかりした「阿吽」である程度軸の補強もできるでしょう。
それほど需要はないかもなので、数は作ってません。でも白紫点は花としてキレイだと思うんですよね~~

カタログの印刷が終わりました。発送作業をして、今週末には郵便局に持って行けそうです。もうしばらくお待ち下さい。


「桜雨」系の無点の交配です。
けっこう放射状に白く抜ける桜雨タイプが取れそうな感じですね。
こういう交配も細々ながら続けています。無点は何かしら毎年してる感じですが、絣紋も交配しないといけないんだけどね~と思いつつ2年に1回ぐらいしか交配はしてません(;´∀`) 無点も絣も新しいタイプが咲かないとなかなか交配する意欲がわかないので・・・



大魔王タイプのピンクを作るための戻し交配です。
それほど確立はよくないとは思いますが、出るのは間違いありません。
ピンクは劣性遺伝なので戻し交配での出現率は1/4。大魔王芸も劣勢とすると大魔王ピンクになる確率は1/4×1/4=1/16となるはず。1ボトルに15本前後移植しているので、確率的には1ボトルあって1本出るぐらいの確立です。紅斑紋ピンクはけっこう出るんじゃないと思います。最新花を狙うにはそれなりのリスクがあるということですね…

関西ウチョウラン保存会で登録されている純白大紅点花「あざやか」のセルフです。
「あざやか」は花はそれほど大きくはありませんが、花弁は肉厚、軸は太軸でしっかりしたいい個体です。
セルフをすると似た個体が咲くのはもちろんですが、現在のように交配が進むとけっこうな個体差が出てくるので、大きく肉厚な個体なんかも出てくるかもしれません。「一目惚れ」の影響で100%純白大紅点にはならず、ある程度ピンクが咲きそうですね~ 経験上、一旦純白一点系になってしまえばそのセルフをした場合、酔白系に戻ることはありません。ですので、純白大紅点かピンク大紅点となるでしょう。

次のページ >>
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3
8 12 14
15 16 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]