忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

大麒麟×SH歌9A・9C(特)リストのP-09です

1ポットを掘り下げた球根すくすく元気に育っています
来年開花予定ですがどんな花かは予測不能
種親は(新世紀・飛天・歌姫)ピュア交配の特殊な花なので
当たれば面白いのですが葉姿が双葉が多く超大輪が咲くかも?
10球以上植えて8ポットが→13ポット増えました

.
PR


ここ1週間で一気に枯れが進みました。12/11のブログは新宮の写真で、今回は磐田の写真です。ほぼ全部が枯れました。1年間楽しませて(苦しまされて??)もらいました。選別個体で一番最後に残ったのは「電光石火」でした。かなり黄葉してます。ビン出し品の白花交配もかろうじて緑が残っていますが、あと1週間で茶色くなるでしょう。
「電光石火」は比較的早咲個体で芽が出るのも早い。白花も一般的に早く芽を出します。「目覚める気温」=「お休みする気温」なのかもしれません。
まあ、「電光石火」や「大魔王」はF2個体の「魔王」と交配したかけ戻し個体のようなものですから、かなり強健ってこともあるのかも。ホントかけ戻しもちゃんと考えないといけない時期になってきたように感じます。

ぼちぼち球根も外れる状態になってきましたから、球根の発送を本格化します。ご入金頂いているお客様には年内発送を目標にいていきますので、もうしばらくお待ち下さい。
今年の夏は急激に高温になり、かなり調子を崩した個体が多くて心配していましたが、ビン出し品は比較的長く葉がもってくれて問題なかったようです。

半数は落葉しましたが(本日撮影)


本日朝は気持ち悪いくらい生暖かく気温は27.5度Tシャツで
過ごせます記憶では南海大地震思い出させる感じです
正常な冬が来ないため葉が枯れても完全な離層出来ず(半分)落葉しません
今年の気温は異常なのかもしれません。


主に今年の初花記録用に作成、近頃は年のせいで
 花姿の記憶があいまいになり花のイメージが鈍くなり
ラベルを作らないと覚えきれなくなり苦慮している
あーぁ年を取りたくないものです。一応360枚作成
フイルムラベルに顔料インクと紫外線保護フィルム貼りましたので色
あせ水滴は大丈夫と思います。


.


 




育苗箱栽培のメリット・デメリット
【メリット】
2.5号のポットなら24穴より1列多く入るため28ポット入る。
太陽光線がばんじゅうに当たりにくいので、藻の発生が抑えられ、ばんじゅうの掃除が楽。
鉢のサイズにとらわれなく管理できる。

【デメリット】
目一杯入れないと傾けられないので、トレーに溜まった水を抜きにくい。
側面に通気口がないので横からの風通しが悪くなる。
目一杯入った育苗箱の場合、腰水の加減がわかりにくい。

といったところでしょうか。

兼弥産業から黒いトレーが最近発売されています。栽培に関しては問題なさそうです。ばんじゅうよりずいぶん安いのですが、しっかり具合と持ちやすさはばんじゅうには敵いません。
黒トレーは側面に穴が空いているため、24穴で栽培した場合はかなり乾きが早くなりました。育苗箱とのセットならある程度デメリットが解消されるかもしれません。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]