忍者ブログ
DSB
   野生蘭の岩千鳥(イワチドリ)の新花や自己流栽培方法などの情報を発信中!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8



この交配はけっこう面白いとおもうんですよね。ハマるといままでにないようないい花がたくさん咲きそう。

交配のイメージ的には「大魔王×月赤系」って感じでしょうか。その半分は純白一点系になる計算です。うまく月赤芸と純白一点芸が合わさった花が咲いてくれると完全白地のいい花が咲くんじゃないかなぁ?最新花を求めるならこういう交配をゲットしないとね~~

PR


今年のボトルのラインナップはけっこう「大魔王系×月赤系」の交配が多いです。けっこう交配をしたのもありますが、なんせ発芽率が良くないのと多品種小ロットのため移植するビンに限りがあります。それぞれの交配に限定数があるものが多くなってますので、種類をたくさん載せています。好きなものを選んでいただけると良いかと。

ちなみにこの交配は限定数が「3」です。


昨日紹介した交配と似たようなタイプの交配です。こちらも母体には肩張りのワイドタイプの花を使っているので、かなり期待できそうな感じです。
「鳴神」の交配内容も「大魔王系D×月赤C」ですが、「大魔王系D×月赤C」という交配は中抜けがあまりなく紅点の周辺部分が散る花が多く、「電光石火×月赤TB」は「大蛇」のように紅点が斑紋上に散る花がけっこう出ました。それぞれの親の交配に使った「月赤」の影響ではなく、大魔王系の方の影響でしょう。「電光石火」は大魔王系の中でも紅点がけっこう散る傾向にあるからです。その違いがこうやって子供にも現れています。基本的に芸の遺伝は隔世遺伝なので、この交配でそれが如実に現れてくるんじゃないでしょうか。


カタログ発送まで、掲載予定品を毎日ぼちぼちと更新していきます。
ポット掲載品は去年のボトルとけっこうかぶるところなので、まずは最新交配のボトルから。

月の虹赤兵衛系同士の交配である「大蛇(おろち)× 鳴神(なるかみ)」からご紹介。
どちらも大魔王系×月赤系の交配ですが、かなり雰囲気の違うタイプで交配しています。「大蛇」は紅点がまばらで地色が目立つ花、「鳴神」は紅点がしっかりして周辺部が散っていますので、この交配はいろいろ出るんじゃないかと思います。「大蛇」の点の散り方だと、斑紋花っぽいものも出たりして…とはいっても全体的にハズレも少ないんじゃないかと思ってます。花形も「鳴神」のような肩の張ったワイドタイプになってくれたら最高ですね~~。


ブログの更新もご無沙汰でした。2019年 イワチドリ通販カタログ を現在準備中です。
なんとか消費税の増税前に発送したいと思っていますが、早くても9/20~/25の到着になると思います。もうしばらくお待ち下さい。

9月中にご注文の分に関しては消費税8%、10月以降のご注文の分は10%となりますので、ご注意ください。

明日から、カタログ掲載品の紹介もぼちぼち始めようかと思ってます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[05/30 NONAME]
[05/26 NONAME]
[02/15 極楽蜻蛉]
[01/19 DS]
[01/19 3100吉]
プロフィール
HN:
DS
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]